チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディの働き方はライフスタイルで決めよう!1日の流れは?

チャットレディの働き方はライフスタイルで決めよう!1日の流れは?

近年の外出自粛に伴って完全リモートで働けるチャットレディが注目を集めていますが、具体的な仕事の流れを把握している人は意外と少ないもの。

そこで今回はライフスタイルに合わせたチャットレディの働き方と1日の流れについてご紹介します。

 

チャットレディの働き方

仕事とチャットの両立

チャットレディの働き方について決める点は2つ。「活動ジャンル」と「活動スタイル」です。それぞれ「アダルト・ノンアダルト」「在宅・通勤」があり、その中から自分にあったものを組み合わせてスタートします。

 

それぞれメリットとデメリットを見てみましょう。

 

アダルト

アダルトジャンルのメリットは報酬率の高さ(これが高いほど稼ぎやすい)と、需要の高さに比例するお客様の数の多さ、すなわちチャット成立がしやすいことが挙げられます。デメリットとしてはパフォーマンスの性質上、一人になれる空間・環境がないと定期的なログインが難しくなること、万一活動が知り合いにバレてしまった場合にあらぬ誤解を受ける危険があることを覚えておく必要がありますが、稼ぐためにチャットレディを始めるならこのジャンルを選ぶのが一番といえます。

 

ノンアダルト

”ノン”アダルトの名の通り、こちらは会話のみでお客様を楽しませるジャンルのため、アダルトチャットを行う環境がない場合や、パフォーマンスを行うことが恥ずかしい・自信がない場合はこちらを選ぶのがおすすめです。デメリットとしてはアダルトチャットと比べれば報酬率が低く、日によっては待機時間が増えて報酬が減ることが挙げられ、話術だけで常連のお客様を作るのが難しいことから顔出しがほぼ必須という身バレに気を配る人にとっては無視できないデメリットがあります。

 

在宅

完全リモートで活動できることから近年注目を集めているのが在宅でのチャットレディ活動です。自宅の中だけで仕事が完結するので通勤に伴う交通費や感染対策に気を配る必要がなく、退勤後すぐに私生活に戻れるのがメリットです。デメリットとしては自宅で活動する以上、ご自身の素性に加えて住所の身バレ対策を徹底する必要があることや、特にアダルトジャンルの場合はご家族や同居人の視線を気にしながら活動する必要があることが挙げられます。

 

通勤

最寄りのチャットレディ事務所・代理店に登録し、事務所のオフィスに通勤してチャットを行う方法です。パソコンのセッティングや衣装のレンタルなどチャットを行うために最適な環境があらかじめ整っており、困ったことがあったら専門スタッフからアドバイスをもらえるのに加えて、通勤することによって同居人や家族にバレることを心配せずにチャットが行えるメリットがあります。それに対して地方にお住まいの場合は通勤に時間がかかる、人によってはスタッフや他のチャットレディと関わらなければならないのが面倒に感じることもあるというデメリットがあります。

 

まずは自分の性格や生活スタイルに合わせてどの組み合わせが一番いいか選んでみましょう。もちろん後から変更することもできますので、まずは直感で始めるのもいいかもしれません。

 

チャットレディの1日の働き方スケジュール

予定を手帳に書き込む女性

働き方が決まったらいよいよチャットレディとしてデビューです。この後には代理店(事務所)経由か個人でのサイト登録かを選ぶ作業もありますが、これらは他の記事で紹介されているので割愛します。(それぞれのメリットはこちらで解説しています)

 

チャットレディにおけるゴールデンタイムは夜のため、日中は通勤・通学や個人的な買い物や趣味を楽しむなど日常生活を送り、だいたい20時から深夜にかけて活動することになります。その中で自分の自由時間や睡眠時間など人生に不可欠な時間を確保する必要があるため、自分のライフスタイルに合わせて1日のスケジュールを設定することは非常に大切です。

 

一例として、会社で働きながらチャットレディをしている方のチャットを含めた1日の流れを紹介すると、7時起床から9時~17時まで仕事、18時~21時まで夕食を含む自由時間、21時~23時ごろまでチャット活動、24時にかけて就寝といった感じです。

 

だいぶざっくりしてますし、数字にするとカッチリして息苦しそうに見えますが、3時間の自由時間と7時間の睡眠が取れている比較的規則正しい生活スタイルであるといえます。

上記はもちろん一例ですので、自分の都合やライフスタイルと相談して細かく時間調整ができるのもシフトがないチャットレディの魅力でもあります。まずは自分がどれくらい稼ぎたいか?それを実現するためにどれくらいのペースでチャットすればいいか?を考えてみるのがおすすめです。

 

ライフスタイル別向いている働き方診断

同居人と部屋でくつろぐ女性

チャットレディはシフトに縛られることもなく、退勤時間も自由に決められる仕事です。そのため、ご自身のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶのがおすすめです。

 

実家暮らしをされている方や同居人がいて自由にチャットがしにくい環境にある場合なら通勤もしくは動画配信・友達との通話という名目でノンアダルトチャットで活動する、一人暮らしのように一人で居られる時間を確保しやすく、かつ昼間に学業・仕事といった用事が全て完了するので夜は完全に自由時間というのであれば在宅でアダルトジャンルといった具合です。

 

ライフスタイル別向いているジャンル診断

チャット相手に手を振る女性

先述した働き方以外にも、ライフスタイルによって向いているジャンルを判断することもできます。

 

夜型の生活を送っている人

アダルト・ノンアダルト問わず、活動は夜に行われることが多いです。そのため、夜型の生活スタイルを送っている方は条件的には多少有利といえます。同じ理由で転職期間中など時間に融通が利く人にもチャットレディはおすすめできる業種です。

 

一人の時間を確保しやすい環境の人

こちらの場合もジャンルを問わず、チャットレディ全般に向いているライフスタイルであるといえます。その逆の場合は同居人や家族に気を使って夜は自由に活動できなかったり、確定申告のような必要な作業さえも隠れて行う必要に駆られるため、一人暮らし、もしくは一人の時間を確保しやすいというのはそれだけで強みであるといえます。

 

住宅の種類別チャットレディ活動法

くつろいだ姿勢でチャットする女性

また、住んでいる環境によっても向き・不向きが診断できます。

 

戸建て

戸建てにお住まいでチャット時間と同居人が居る条件が重なった場合、自分以外が外出するもしくは寝静まるのを待つなどタイミングを図る必要があります。小声で行うのも一つの手ですが、部屋の間取りによっては声が漏れ聞こえてしまう可能性がある、もしくは背後にばかり気が散ってチャットに集中できないなどの問題が生じます。そのため、いざアクシデントが起こったときに言い逃れがしにくいアダルトチャットよりも「友達と通話していた」「オンラインの会合に出ていた」とごまかしたり、目くらましができるノンアダルトチャットが向いている環境です。

 

集合住宅(ワンルーム)

ワンルームマンションは一人の時間を作りやすく、アダルト・ノンアダルト共に活動しやすい環境ですが、マンション・アパートなどの集合住宅でチャットレディ活動を行う場合は話し声が漏れ出ないように細心の注意を払う必要があります。実際に「夜中に話し声が聞こえてきてうるさい」と管理会社に通報が入り、後日注意されたというチャットレディもいるそうなので、アダルト・ノンアダルト問わず注意が必要です。

 

駅が近い

チャットレディ事務所・代理店は駅チカのアクセスがいい所にオフィスを構えることが多いため、駅が近い環境で暮らしている場合は通勤チャットレディとしてジャンルを問わず活動しやすいです。同じ理由で車を持っている、事務所に近いなどの条件が整っている場合は在宅ではなく通勤チャットレディとして活動することを検討してはいかがでしょうか。

 

まとめ

チャットレディは「誰にでも始められる」というキャッチコピーが使われることが多いですが、ここまで読んでもらったら分かる通り「誰にでも始められるが、決めることは多い」というのが正確ですね。ただ、自分の生活環境や1日のライフスタイル、どのように働きたいかをきちんと考慮して考えれば自ずと答えは出てくるはず。それでも分からないことや不安に感じることがあれば、チャットレディ事務所にコンタクトを取って相談に乗ってもらうのもおすすめです。

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop