チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム 移籍したいチャットレディにおすすめの方法と注意点とは?

移籍したいチャットレディにおすすめの方法と注意点とは?

チャットレディを行う上で、所属している事務所や報酬面に不満を持っている方はいませんか?そのような方は移籍を考えてみてはいかがでしょうか。

 

チャットレディと移籍

荷造りをする女性

「移籍」とは待遇面や働き方の環境を改善するため、今在籍している事務所を辞めて(登録を解除して)別の事務所へと移ることを指します。

こう書くと仰々しい感じがしますが、要は自分の希望を叶えてくれる事務所に拠点を移すだけのことです。事務所によって報酬の支払い方や報酬率は異なりますし、スタッフや同僚と気が合わないこともあるかと思います。そういった良くない環境から抜け出してより快適に、より効率よく稼げることを目指すのが移籍の真の狙いです。

 

チャットレディ移籍のルールと注意点

片手で制する女性

思い立ったが吉日、と移転先を探し始めた人もいるかもしれませんが、少し待ってください。事務所の掛け持ちは違反になることもあるため、まずは移籍前に今所属している事務所との契約を解除してから移籍を行うようにしてください。ただし、事務所の倒産などで責任者と連絡が取れなくなった場合のように契約の解除自体が行えなくなった場合はそのまま移籍することができます。

もう一つ注意点として、移籍を行う場合は同じサイト内であってもIDやプロフィールを引き継ぐことはできないため、新しくアカウントを作り直す必要があります。そのサイト内で築いたものを一旦全て手放すことになるため、常連さんに移籍先を伝えておくなど下準備が必要になります。

 

チャットレディ移籍の方法

段ボールを運ぶ女性

1.事務所に相談

まずは移籍を行いたい旨を事務所の担当者に相談します。この際はアルバイトを辞める時と同じように前日に伝えるのではなく、少なくとも辞める日の2週間前には相談しておくのがマナーです。(契約によっては1か月前の申請が必要な場合も。要確認)

その際理由などを聞かれることもありますが、ここは変に身構えずに正直に答えておきましょう。移籍は就職における転職と同じようなもので、自分のライフスタイルを良くするために行う必要な権利です。先方へのリスペクトは忘れずに堂々と移転の希望を伝えるのが良いと思います。

上司との関係が良くない場合など、事務所と話をするのが面倒な場合もあるかと思いますが、バックレる形での契約解除をするのはおすすめしません。事務所からレンタルしているものがある場合は「業務用横領罪」という罪に問われる可能性がありますし、事務所側に多大な迷惑が掛かってしまいます。面倒でもしっかりと手続きを踏んで契約解除をしましょう。

 

2.移転先の調査

移転先は今よりも待遇が良い事務所を選びましょう……というと漠然としすぎるので、「自分がなぜ移転を決意したか?」を基準に考えることをおすすめします。人間関係で悩んでいた場合は体験入店を活用する、報酬に不満があった場合は報酬率に注目するなど、「自分が快適に働くために何が必要か?」と考えながら次を選んでみてはいかがでしょうか。

 

3.移転先決定

無事に自分の条件に合う事務所を見つけたらアポイントを取って登録しましょう。

通勤チャットレディの場合は面接やヒアリングがあることも多いですが、この際にも「移転を決意した理由」や「希望する条件」など自分の思っていることは余さず伝えることを心がけておいてください。

 

より良いチャットレディ移籍のために

チェックシート

よりよい移転が行えるように次の3通りのことを行っておくことをおすすめします。

 

移籍先の調査

多くの場合は各事務所のホームページや口コミサイトを通して移転先を探すことになるかと思いますが、時間に余裕がある場合は体験入店を駆使して実際に移転先の雰囲気を調査しておくこともおすすめです。サイトだけではわからないスタッフの対応や事務所の空気を肌で感じることで、より後悔のない選択ができるはずです。

 

引継ぎ

先述した通り、移籍前のIDやプロフィールを引き継ぐことは出来ません。そのため、そのサイト内で築いた常連様とのコネクションも途切れてしまうことになります。

そのため、移籍する前にはこれまで親身にしてもらったお礼もかねて、常連様には一言挨拶しておくことをおすすめします。運が良ければ移転先でも引き続きチャット相手になってくれるかもしれません。

 

仕事の隙間を開けない

ハラスメントのような人間関係がきっかけでやめるのでないのなら、収入が途切れないように移転先を決めてから登録解除を行うことをおすすめします。解除前であっても面接は受けられますし、勤務開始日を調整してもらうこともできるので、じっくりと自分に合う事務所を吟味しましょう。

収入が途切れた状態で焦って選ぶのは失敗のもとです。時間に余裕を持って選ぶようにしましょう。

 

チャットレディ移籍について知っておきたいこと

POINT!の文字

万全の準備を整えても実際に行動を起こすのは不安なはず。そこで、移籍を経験した方の体験談をまとめてみます。

 

Q:前の事務所から登録解除を引き留められることはある?

多くの場合は引き留められることはありませんが、移籍の理由を尋ねられることはあります。移籍の理由が待遇や給与面にある場合、正直に話すことで改善されることもあります。

しかし、移籍・契約解除を相談したところで「違約金を払わせようとする」「恐喝まがいの説得をしてくる」など、違法な形で契約解除を渋る事務所も少ないながら存在していることや、「責任者が席を外しがちで話をする機会がない」など責任者と話自体ができないなど、スムーズに話し合いを進めることが難しいこともあるので、移籍のための期間には余裕を持っておくのがおすすめです。

 

Q:契約解除の罰金はある?

正式な手続きを踏んで契約解除、その後移籍する場合は罰金の心配は一切いりません。

しかし、無断欠勤からの連絡無視、いわゆる「バックレる」形での契約解除の場合は注意が必要です。これは民法709号の「不法行為」に当たる可能性があり、損害賠償を請求されることはあります。訴訟の手続きの面倒さに対するリターンの少なさから契約チャットレディが賠償金を請求されるケースは非常に稀ですが、穏便に移籍を行うために必ず正式な手続きの下契約解除を行うことを覚えておいてください。

 

Q:移籍は恥ずかしいこと?

チャットレディの移籍自体はそう珍しいことではないので、恥ずかしく感じる必要は全くありません。堂々とした態度で臨みましょう。

 

Q:移籍したばかりだけど思っていた条件と違った。もう一度移籍したい…

繰り返しになりますが、移籍は自分のために行うものです。在籍している事務所に不満がある場合は少しでも楽に働けるような方法を探るのは悪いことではありません。しかし、あまりに早い移籍は事務所側に迷惑がかかってしまいます。そのため移籍してまだ日が浅い場合は責任者に不満を相談したり、同僚に相談してみるなど、移籍はあくまで選択肢の一つとして、気持ちが楽になるための方法を探ってみるのをおすすめします。

 

まとめ

移転はより良い環境で働くために必要な行動です。「より良い環境」が指すのは働きやすい雰囲気を探すという意味はもちろん、今よりも高い報酬を得られる場所を探すことに他なりません。今の事務所に不満がある方だけではなく、今後より良いチャットレディ活動を行っていくために今所属している事務所を見直してみてはどうでしょうか。

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop