チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディの転職事情を徹底調査!する人もしたい人も

チャットレディの転職事情を徹底調査!する人もしたい人も

短期間で高収入を得られる可能性があるチャットレディは他業種からの転職もおすすめしやすい業種です。

また、チャットレディの転職と一言で言っても、チャットレディ”から”転職したい人とチャットレディ”に”転職したい方の二種類が考えられるため、今回はその両方の視点からもチャットレディの転職について考えてみたいと思います。

 

チャットレディへの転職事情

職務経歴書

まずはチャットレディ”に”転職する場合から考えたいと思います。

 

転職とはすなわち、行き詰まりを感じる現状から脱却するために職場を変えることです。そのため、今の職場よりも金銭面・精神面ともに充実できる場所を求めて転職先を探すのが一般的です。そう考えれば技術さえ習得すれば高収入が得られる上、わずらわしい人間関係も最小に抑えられるチャットレディは理想的な転職先と言えます。

 

しかし、チャットレディはとにかく誤解を受けやすい職業であることは覚えておく必要があります。ここの記事に目を通している方ならチャットレディはご自身が持っている技術でお客様を楽しませる立派な接客業であることをご存知かと思いますが、事情を知らない他の人から見れば「水商売」「定職につかず小銭稼ぎ」というレッテルを貼られ、不当な扱いを受ける可能性もあるのです。

 

失敗しないチャットレディへの転職計画

パソコンを使う女性

先述した通り、チャットレディは誤解を受けやすい職種のため、普通の転職とは違った心構えが必要になります。きちんと計画を立てて臨むことが重要ですね。

 

貯金しておく

チャットサイトは初心者限定キャンペーンを行っていることが多いので、入ってすぐは好調な場合が多いですが、キャンペーンの対象外になった瞬間にお客様のIN率が下がり、収入が減ることも多いです。

そのため、すぐに今の勤め先を辞めてチャット一筋に絞り込むより、コツを掴んだり常連さんがついたりするなどある程度チャットレディを本業でやっていける目途がつくまでは、あくまで副業でやっていくことや、IN率が下がっても生活に不自由しない程度の貯金をしておくことも大切です。

 

保険制度の確認

正社員・アルバイトなど雇用形態に関わらず、条件さえ満たせば社会保険に加入することができますが、チャットレディの場合は所属するサイト・事務所によってはその制度を設けていない場合もあります。

当然ながら、会社を退職してチャットレディに転職してしまうと前の会社の保険からは外れてしまいますので、家族の扶養に入るなど何らかの形で保険加入する手段を調べておく必要があります。

 

どうしてチャットレディに転職する?

悩むスーツ姿の女性

転職を決意するまでには「仕事にやりがいを感じない」「仕事場にイヤな人がいる」など人それぞれ理由があり、のっぴきならない事情があるもの。当然ながら転職理由・転職先について他人にどうこう言われる筋合いはないものです。しかし、チャットレディに転職する際には先ほど紹介した世間からの偏見についてある程度は覚悟しておく必要があります。

 

報酬がいいのはもちろん、ネットに転がっているキャストさんの体験談にもある通り、チャットレディという仕事は非常にやりがいのある仕事です。だからこそ偏見の目を向けられることが辛く感じたり、家族や友人のような大切な人にも詳しい仕事内容を話せないことが辛く感じられたりすることも多いです。

 

そのため、本当にチャットレディになりたいのかどうか、本当に続けていけるのかをきちんと考えることはもちろん、「短期間でお金を用意する必要がある」「夜間にできる副業を探している」など、チャットレディでなければいけない特別な理由を見つけてから転職を検討するのがおすすめです。

 

あなただけの人生です。後悔が残らない方法を選べるようにしてくださいね。

 

チャットレディから転職する場合

パソコンの前で悩む女性

続いてはチャットレディ”から”の転職、すなわちチャットレディから他の業種に転職する際のポイントについてご紹介します。

 

履歴書にはチャットレディと書かない

履歴書には正確で偽りのない経歴を書くべきではありますが、チャットレディに限ってはそうしない方が無難かもしれません。人事の方がチャットレディという仕事を正確に理解してくれればいいですが、あまり良いようには解釈してもらえないケースが多いからです。

次の章で対処法をご紹介します。

 

経験を活かした転職を検討

全く違うジャンルへ転職するのもおすすめですが、せっかく得たチャットレディとしての知識や経験を活かすためにチャット関連のジャンルで転職先を探してみるのもおすすめです。

例えば所属している事務所にスタッフとして雇ってもらえないか確認してみたり、チャットレディとしての経験やコツを有料記事やサイトで紹介することで収入を得るライターとしての転職など、さまざまな方法が考えられます。

 

資金には余裕を持って

転職活動というのはある程度の長期戦を強いられるものです。それを「生活費が底をつきそうだから」といった金銭的な理由で早めに切り上げざるを得なくなり、結果として理想通りの職に付けなくなるというのは本末転倒というもの。だからこそある程度収入が途絶えても平気なように貯金をしておく、もしくは転職活動と並行してチャット活動を続けておくのがおすすめです。

これはチャットレディだから、というわけではなく、一般的な転職にも通じるテクニックかと思います。

 

失敗しないチャットレディからの転職

転職の面接

転職のための面接は誰でも緊張するもの。しかし、対策を怠らず自信を持って臨めば案外なんとかなるものです。

 

失敗しない履歴書・職務経歴書の書き方

転職の際には履歴書・職務経歴書を書く必要がありますが、チャットレディをやっていたことをそのまま書くと就職先の方にマイナスイメージを抱かれる恐れがあり、これは本人の適正や人柄を無視した先入観・パブリックイメージで合否を判断されてしまうため、まさに死活問題です。

しかし、当然ながら存在しない経歴をでっちあげるなど経歴を偽ってしまっては、後で自分が困ってしまいます。そのため、履歴書には正直に「チャットレディ」と書かず「テレフォンオペレーター」など、関連した業務内容に言い換えて記入することや、活動を経て得たコミュニケーション能力やスキルなどをアピールポイントにするなど、チャットレディであったことは隠しておくのが無難です。

 

資格を取る

チャットレディのメリットは時間を自由に使えること。始業時間から退勤時間はもちろんのこと、シフトも自由に調節できます。空いた時間を自分のために使うのもいいですが、その時間を少しだけ勉強時間に当て、資格を取得しておけば転職に役立ちます。

どの資格を選ぶかについては、転職したい業種に応じてどの資格が不可欠な「必須資格」で、取得しておけば面接・書類審査で有利になる「必置資格」なのかを探してみるのがおすすめです。

 

まとめ

転職は人生において非常に重要な分岐点です。チャットレディ”に”、もしくはチャットレディ”から”転職する場合も慎重に決断するようにしましょう。

加えて、どちらの場合も「理想を達成できるまで粘れるように貯金をしておく」「きちんと計画を立てた上で挑戦する」ことの2点は変わりません。事前にきちんと準備するのが大切です。

チャットレディは何かと苦労の多い仕事です。だからこそ自分の人生とスキルに自信を持ち、堂々と自分の選んだ道を歩いていくようにしたいものですね。

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop