チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディを旦那の扶養内でやるには?注意すべきポイントを解説

チャットレディを旦那の扶養内でやるには?注意すべきポイントを解説

チャットレディは日々の家事が忙しい主婦の方にもおすすめできる仕事ですが、あまり多く稼ぎすぎると夫・家族の扶養から外れてしまい、本来は免除されていたはずの税金が発生するようになってしまいます。

賢く稼ぐために、これから紹介する方法を試してみてください。

 

そもそも扶養とは?

扶養

「扶養」とは生活ができるようにサポートをするという意味です。

チャットレディにおける扶養を正確に表記すると「扶養控除」となります。この扶養控除とは税制上の扶養と社会保険上の扶養の2種類を指し、だいぶ大まかに解説すると「税制上の扶養」は所得税・住民税の税金の控除・軽減される制度であり、「社会保険上の扶養」は健康保険・年金を負担してもらう効果があります。

これらの扶養内に入っている限りは高額な税金の支払いを懸念する必要はありませんが、チャットレディ活動が軌道に乗り、月収が増え始めると扶養外れに注意する必要が出てきます。

 

チャットレディにおける年収の壁

壁

本題に入る前に以下の3点を予備知識として覚えておいてください。

 

1:チャットレディはアルバイトや社員のように会社に雇用される「従業員」ではなく、医師や弁護士のような「個人事業主」として扱われます。この2つには収入の扱いに違いがあり、従業員のように会社に雇われて受け取る賃金は「給与収入」といいますが、先述した通り個人事業主であるチャットレディが得た報酬は「事業収入」として扱われます。

「給与収入」の場合は毎月必要な税金を天引きして残りが給与(手取り)として振り込まれ、年末には天引きの過不足を計算するための年末調整が行われます。

対して「事業収入」は税金の天引きが行われないため自分で所得を計算して税金を支払う必要があり、この計算作業を確定申告といいます。

給与収入と事業収入の区別がきちんとつくようにしておけば、こうした扶養外れ防止の話題によく出てくる「年間103万円稼がないようにする」という言葉のような(これは給与所得のみの場合)自分とは関係ない情報に惑わされずに済みます。

 

2:年収が130万円を超えた場合、社会保険上の扶養から外れてしまいます。この年収のボーダーラインを「年収の壁」と言い、壁には他にもいくつか種類があることに加え、家族が加入している健康組合によってはそもそも個人事業主は年収に関わらず扶養に入れないケースがあるなど個人個人の事情によって変わることも多いですが、とにかくこのページでは、年収が130万円を超えるようであれば扶養から外れてしまい、自身で国民健康保険に加入して保険料を支払う必要が出てくるということだけ把握しておいてください。

 

3:「壁」を意識することに加えて、ご自身の収入源が「チャットレディのみ」か「パートなどと掛け持ちしている」かを把握することも扶養外れを防止するために重要なことです。

・掛け持ちをしていない場合は年間の合計所得が48万円を超えると扶養、正確には配偶者控除から外れてしまいます。

・アルバイト・パートなどと掛け持ちをしている場合、具体的にはそこから源泉徴収の対象になる報酬を受け取っている状態で、副業としてチャットレディで20万円以上稼ぐと扶養から外れ、確定申告が必要になります。

 

扶養から外れるデメリット

お金計算に悩む女性

扶養から外れてしまうとこのようなデメリットに見舞われます。

 

税金が多くかかる

先述した通り、扶養に入れば税金による負担を軽減することができます。そこから外れてしまえば税金を自分で負担しなければならないのは当然ですよね。具体的には以下3点を自分で支払う必要が出てきます。

 

・国民年金

・国民健康保険

・所得税

 

上記の中で国民健康保険と所得税は収入によって増減するため、稼げば稼ぐほど払う量は多くなります。収入を増やし、生活を楽にするためにチャットレディを始めたはずなのに、これでは本末転倒というものですね。

また、課税額は前年の所得をもとに決められるため、チャットレディ活動が軌道に乗った次の年に事情があってログイン時間が減ってしまった場合など、収入に開きがあった場合には税金が家計を圧迫することも考えられます。

 

所得控除が受けられなくなる

所得税の控除が受けられなくなると手取りが減るデメリットがあるのはもちろん、額面上は家族の収入が増えたとしても税金の支払いなどを考慮すると世帯全体の収入が減ってしまうことも考えられます。

 

家族にバレる

チャットレディの活動を家族・旦那にも秘密にしている方も多いかと思います。しかし、払う税金が増えたことからバレてしまったり、家族が勤務先で年末調整を行う際には包み隠さず収入額を伝える必要があるので、扶養内でお小遣いを稼ぐ程度ならまだしも、扶養から外れるくらいまできちんとした収入を得ている場合には、もはや隠したままで活動するのは難しいはずです。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。扶養から外れずにチャットレディを続けるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

扶養から外れないためのポイント

扶養家族

扶養から外れずに扶養内でチャットレディを活動するためには工夫して勤務する必要があります。

 

壁を超えないようにする

先述した「年収の壁」を参考に、収入量(勤務時間)を調節するのが一番の対策です。

 

個人事業主として開業する

収入が多く、チャットレディとして本腰を入れて稼ぎたい場合は個人事業主として開業するのもおすすめ。

個人事業主として開業する最大のメリットは、事業を行ううえでかかった費用を経費として計上できることにあります。払うべき税金の額はこの経費を年収から差し引いて決定しますので、計上額次第では扶養の範囲内に抑えることも可能ですし、そこまで行かなくなくとも払う金額を最低限に抑えることができます。

 

事務所に相談する

事務所所属のチャットレディの場合は、スタッフに相談して出勤スケジュールの設定を手伝ってもらうのも手です。個人事業主としての開業や後述する確定申告など、専門的な知識を求められる場合にはアドバイスもしてもらえるので、こちらは活動に専念できます。

 

チャットレディは確定申告を徹底すべし!

確定申告

先ほど名前だけ出てきた確定申告ですが、これはチャットレディとして安心・安全に活動していくためには必須の作業です。特に年収の壁を超えてしまいそうな場合には非常に役に立つはずです。

確定申告は1年間の所得を計算・申告するための作業ですが、この作業を行うことで自身の年収を正確に把握することにもつながるため、扶養外れを対策するうえでも非常に大切な作業であると言えます。

チャットレディは事業収入なので報酬の量は月ごとに上下します。収入が増えたと感じていても、年収として見たらそれほど稼げていないというケースも多いため、この年にどれほど稼いだかをしっかりと確定させることは非常に大切です。その結果として扶養の範囲内であれば外れる必要はないですし、次の年からの勤務量を判断する目安にもなります。

また、確定申告時にはチャットレディ活動を行う際にかかった費用を計上する必要がありますので、計上によっては扶養内に収まる可能性もあります。

チャットレディ、引いては個人事業主の義務でもあり、何かと疎ましがられやすい確定申告ですが、正しく活用すれば安心・安全にチャットレディを続けるための道しるべとなってくれます。

(確定申告についてはこちら、経費についてはこちらで解説しております!)

 

まとめ

扶養の範囲内で活動していれば高額の税金を支払う必要もありませんし、家族に秘密で活動している場合でも収入からバレる心配もいりません。そのため、扶養外れはなんとか回避したいところです。

しかし、せっかくチャットレディとして活動するのに、時間と収入に限度を決めてしまうのももったいないもの。そんな場合は確定申告の方法と経費計上のポイントを勉強し、個人事業主として働く道を選ぶのもおすすめです。

ご家庭の事情やご自身の心と向き合い、自分にピッタリの方法を選択するようにしてくださいね!

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop