チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディの整形費用は経費と認められるのか徹底解説!

チャットレディの整形費用は経費と認められるのか徹底解説!

チャットレディは良くも悪くも見た目が重視されます。そのため整形して一発逆転を狙うチャットレディも多いですが、そんなチャットレディ達の多くが確定申告時、詳しく言えば経費計上の段階でつまずいています。

今回はスムーズな確定申告のため、整形費用と経費についてご紹介します。

 

整形費用は経費には計上できません!

バツ印をつくる女性

これはタイトル通りです。確定申告の際には必要経費を計算する必要がありますが、整形費用は計上することはできません。

間違って計上した場合、修正後に申請し直す程度なら別に大した損害はありませんが、計上できることを当てにしていたせいで想定外の金額の納税を求められたりする場合もあるので基本的には整形費用は経費として計上できないことを覚えておく必要があります。

(チャットレディにおける経費についてはこの記事で紹介しています)

 

整形費用が経費に計上できない理由

パソコンで経費を計算

続いてはなぜ整形費用が経費として扱われないのか、その理由に迫ります。

 

そもそも経費とは?

経費とは、事業を行うためにかかった費用のことを指します。収入を得るために必要な費用と言い変えてもいいかもしれません。チャットレディにおける経費は配信を行うために必要な「光熱費」や化粧品の代金である「消耗品費」などが挙げられます。

 

整形費用はなぜ計上できない?

序文に書いたように、チャットレディは見た目が重視される職業です。それなら「整形してコンプレックスを克服すれば、結果としてお客様にもさらに喜んでもらえるはず」という理屈で整形費用を計上するのは一見理にかなっているように見えますが、経費計上の際には「この費用は仕事のために使われたものであり、仕事のために不可欠なものである」としっかりと証明する必要があります。

より理解を深めるためにはある芸能人が語った「カツラは経費で落とせたが、植毛は経費として認められなかった」という言葉が役立ちます。テレビ出演などの際にのみ着用し、プライベート時には外せるカツラは経費で落とせますが、頭皮に移植する植毛は当然ながら自由に外すことはできないため「プライベートを充実させる目的ではない」と証明することは難しくなってしまいます。美容整形も同じことが言えますよね。

そのため「コンプレックス克服」「可愛くなって自信をつける」というプライベートな事情も多分に含んでいる整形は「仕事とは直接関係ない」「不可欠なものではない」と判断されることのほうが多いのです。

 

整形費用を計上する裏技

費用計算

2章で説明した通り、整形費用は”基本的には”経費として認められません。

しかし、計上できる可能性が全くの0%かと言われればそうではありません。ある種の裏技的な方法ではありますが、計上する方法はあります。

 

一部のみ計上する

経費で落ちるかどうかは担当した税務署・税理士さんが判断することです。そのため、どういった理由で計上したのかを論理的に説明できれば問題ないケースもあります。

「消耗品費」はチャットレディの必要経費として計上できますが、在宅でチャットレディの仕事をしている場合は「プライベートで使用した分」と「チャットレディの仕事中に使用した分」をしっかりと計算して分ける必要があり、具体的には全体から30~50%程度を目安に計上する方が多いです。

整形費用も同じことが言え、全額となるとなかなか通りにくいですが「プライベートな要素もあるが、売り上げアップを図るために一部のみ計上した」という理屈で計上すれば問題ない場合もあります。

くどいようではありますが、基本的には美容整形は経費としては計上できません。上記も確実とは言えないのがデメリットですので、不安な場合は必ず税理士など専門家に相談し、無理だと判断された場合は大人しく引き下がることも大事です。無理に抜け穴を探した結果、法に触れて罰せられる可能性も大いにあります。

 

補足:医療費も例外

二重手術や豊胸手術などの美容整形は経費として認められないのがほとんどですが、レーシック治療費・インプラントなども医療費として認められず、歯の矯正や近視・遠視のためのメガネの購入費用なども経費として認められません。美容整形と形成外科、その他の医療行為をごっちゃにしてなんでもかんでも計上することを考えないよう注意が必要です。

 

それでも整形するメリットは?

整形

「美容整形は生活に不可欠なものではない」と言い切られてれてしまうと整形自体を不要なものだと考えてしまいがちですが、整形は決して不要なものでも悪いものでもありません。それどころか、これまで以上に稼げるようになるかもしれません。

 

IN率が上がる

待機画面で目立つようになり、結果としてIN率が上がるのが整形する最大のメリットです。

 

印象が良くなる

人は第一印象で決まると言いますが、特にチャットレディは待機画面での印象は大切です。メイクではどうしてもカバーできない人相や顔立ちの部分を整形で補って顔を含めたその人自身の印象が良くなることはチャットレディ活動だけではなく、それ以外の日常的な人付き合いにも役立つはずです。(これが原因で経費として計上できないのが皮肉なものですよね)

いわゆるプチ整形なら整形したことがバレにくいため、気軽に印象を良くすることもできます。

 

気分が上がる

コンプレックスは背中を丸め、表情を曇らせるものです。整形によってそのコンプレックスを取り除くことができれば気分も上がり、お客様とも楽しく話せるようになるはず。何より、気分は表情に出るもの。こちらが楽しそうにしていればお客様も心から楽しんでくれるはず。

 

モチベーションにつながる

経費としては計上できなくても、コツコツ貯金して整形という一つの目標を目指すのはモチベーションアップにつながります。プラスのモチベーションだけではなく「整形していつかトップの奴らを見返してやる」と執念を燃やすこともある種のモチベーションアップと言えるでしょう。

 

整形をさらに稼ぐための手段としてではなく、目的として日々を過ごすことは皆さんの人生にいい影響を与えるはずです。

 

チャットレディに整形は必要ない?

顔を気にする女性

ここまで読んで「別に整形しなくてもいいや」と思う方もいれば「いや、やっぱり整形したいな」と思う方はキレイに二分されるでしょうが、どうしても整形したいと思うなら是非やるべきだと私は思います。コンプレックスを克服することで前向きになれますし、気持ちが前向きになれば楽しくチャットレディ活動ができ、こちらが楽しい気分で接すればお客様も楽しく利用でき、その結果が報酬として還元される……といったように自分だけではなく周囲の人たちにもいい影響を与えられるからです。

ただし、美容整形は保険適応外であることから高額な料金がかかりますし、一度の整形では気が済まず依存症のような状態になるなどデメリットもあります。そのため「見た目が良くなってどうしたいか?」「高いお金を払うだけの価値があることか?」は一度深く考えてみることをおすすめします。

 

まとめ

チャットレディの確定申告の際には整形費用を全額経費として計上することはできません。

一応例外はありますが税理士・事務所所属の場合は会計士さんなどの専門家に確認したうえで全体の30~50%を計上するようにしましょう。

そのため、節税目的として整形をするのはそんなに効率の良い方法とは言えませんが、チャットレディは会話を通してお客様を元気づけたり勇気づけたりする仕事。そのために整形によって何よりもまず自分自身に自信を持つことは非常に有効な手段と言えます。日々のお仕事やチャットレディ活動を頑張っているご褒美として、整形を行ってみるのもおすすめです。

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop