チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディは顔出しする?しない?メリットとデメリットを徹底比較!

チャットレディは顔出しする?しない?メリットとデメリットを徹底比較!

チャットレディを始める時には顔出しするかしないかを決めなくてはいけませんが、どちらにも一長一短あるので迷ってしまいますよね?

そこで今回は顔出しあり・なし両方のメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

 

顔出しチャットレディのメリット

笑顔のインカム女性

チャットレディといえばこちらをイメージする人が多いのではないでしょうか?お客様と顔を合わせて会話できる顔出しチャットレディにはこんなメリットがあります。

 

顔を覚えてもらいやすくなる

チャットレディにとって顔を覚えてもらうことは大事です。

人は見覚えのあるものに対して無意識に好感を抱いてしまうもの。お客様も待機画面に見たことがある顔があると思わず入ってみたくなると聞きます。「知っている人だと安心して話せる」からだそうです。そういったお客様はリピーターや常連さんとして定期的にチャットに来てくれるようになるので、待機時間を減らして効率よく稼げるようになります。

 

常連を作りやすくなる

常連とは、特定の個人を目当てにチャットを訪れるお客様のこと。もっと言えばファンとも言えます。こうしたお客様は配信に積極的に来てくれるため、待機時間は大きく減って効率よく稼げるようになります。

顔出しありの場合には話す内容だけではなく顔が好みという理由で常連となってくれる人も多いため、長いスパンでチャットレディを続ける予定がある場合には常連を作りやすい顔出しありを選ぶのがおすすめです。

 

自分のスタイルで稼げる

チャットに入ってくれる人が多くなるということは、アダルト・ノンアダルトのジャンル問わず自分のスタイルで稼げるようになるということ。自分のやりたい方法、好きな服装・メイクで稼げるようになれば最高だと思いませんか?

 

表情が見えるメリット

皆さんはメラビアンの法則をご存じでしょうか。セミナーなどでもよく引き合いに出される概念なのですが、それによると人間の印象は見た目としぐさなどの視覚情報が55%、声質や口調が38%、残りの7%が話す内容や言葉で決められているのだそうです

この法則は顔出しチャットレディの優位性を示すのにもってこいの概念です。「相手がどんな表情で話しているか」「楽しんでいるか」がわかりやすければお客様も楽しめますし、結果として配信している私たち自身も安心して話せるようになるので話が弾みやすくなります。

加えて、顔と姿が見えるということは仕草がきれい、よく笑うなど自分の持ち味や得意な事が相手に伝わりやすいということであり「自分のことを良く思ってもらえる→常連さんが増える→稼げる」といったようなプラスの連鎖を生み出すことにもつながります。

 

まとめとして、チャットレディが顔を出していると待機画面で男性側が好みの子を探しやすくなり、女性側はメイクで理想の自分を作って話が出来るといったよう、出演者とお客様の両方にメリットがあるのです。

 

顔出しチャットレディのデメリット

真剣な表情のインカム女性

当然メリットばかりではありません。顔を出すのはチャットレディにとって強い武器になりますが、同時に顔を出したことによるデメリットも存在します。

 

見た目だけで判断される

チャットレディはどうしても見た目で判断されてしまいがちです。そのため、待機画面での正しい作法を勉強しておかないと思ったように稼げない恐れがあります。かといって「ブサイクは稼げない」というわけではないですが、優れた話術や気遣いなど実際に話してみないと使えない武器・持ち味を披露する機会が減ってしまう可能性があるのは見逃せないデメリットです

 

身バレの可能性がある

顔出しだからこそ怖いのが身バレですが、チャットサイトのセキュリティとチャットレディ自身のネットリテラシーの強化によって、身バレに関する事件はここ数年の間全くといっていいほど起こっていないのが事実です。

とはいえ、それと不安に感じることは別問題です。いくら別人として活動しているとしても不安に感じるというのはそれだけでデメリットですよね。

 

待機中に気を抜けない

チャット中に退屈であくびをするような気の抜けた姿勢を見せることは顔出しなしの場合でも絶対にNGですが、顔出し有りの場合は特に気を付ける必要があります。

ただ、INしている間は待機画面からチャット終了までずっと表情とキャラを作ったままでいないといけないというのは人によってはちょっとしんどいのではないでしょうか。チャットレディのことを女優と例える人もいますが、チャット終了までの一時間ずっとキャラになりきり続けるというのは本職の女優顔負けですよね。

 

アンチコメントが付く可能性がある

芸能人やYoutuberなど人の前で活動する仕事にはつきもののアンチコメント(※足を引っ張ることが目的の誹謗中傷)。チャットレディにもこうしたコメントが来ることがあります。

よほど運が悪くない限り送られてきませんし、内容も気にする価値もないようなただの悪口であることが多いので気にしないことが一番…とはいってもやっぱり気分は良くないですよね。

 

顔出ししないチャットレディのメリット

顔を隠す女性

対する顔出しNGのチャットレディにはこんなメリットがあります。

 

恥ずかしがり屋でも大丈夫

顔出しNGでチャットをしている人でも、口元までは映して活動している人が多いです。

身バレが気になる人もいるかもしれませんが、「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように目を隠せば本人としての印象はかなり薄くすることができます。

完全に顔を出さなくてもいいので、他人と目を合わせることが苦手な恥ずかしがり屋さんでも大丈夫。

 

身バレの心配がない

近年は身バレによる事件は全くと言っていいほど起こっていないというのは先ほど書いた通り。ただし、どうしても心配な場合は顔を出さない配信をするのがおすすめです。体だけで身バレするほうが難しいですし、疑われた場合でも本人だと証明することはほぼ不可能です。同じ理由で、録画による身バレを心配する必要が無いのもメリットと言えます。(録画の危険性と対策についてはコチラで解説しています)

 

自分の武器で勝負できる

胸が大きい、声がキレイなどチャームポイントが武器になるのが顔出しなしの魅力。

これは顔出しありにも共通しているのでは?と思う人もいるかもしれませんが、顔を出さずに自分の強みだけを見せるというのは心理学的にも効果がある方法です。

人は見えないものに対して自分の理想を当てはめて想像するもの。顔が見えないということは、お客様の理想の相手になりきりやすいということなのです。

 

節約になる

顔出しありの場合はフルメイクと全身のコーディネイトが必要になりますが、顔出しをしない場合は最低限のメイクだけですぐに仕事を始められるのでメイク時間と費用の節約ができます。

 

また、「〇〇さんと二人っきりならちょっとだけ顔見せてもいいよ」といったように特別感を演出することもできます。名指しでこんなことを言われて嬉しくない人はいませんからね。顔を出さないことを逆手に取り、小悪魔的な魅力を演出できるのもメリットと言えます。

 

顔出ししないチャットレディのデメリット

両手で顔を隠す女性

当然、顔出ししないことでのデメリットもあります。

 

IN率は下がる

顔を出さないと待機画面でのアピールが難しいので、慣れるまではなかなかチャットにINしてもらえません。常連さんがつくか、待機中のアピール方法が身につくまでは稼ぎにくくなるのがデメリットです。声は出せますが顔が出せない分、リアクションの楽しさや豊富な話題など幅広い表現力が試されます。顔出しチャットレディが細かい動作で魅せる映画向けの演技だとしたら、顔出しNGチャットレディは大振りで見栄えのいい舞台向けの演技といった感じでしょうか。なので少し意識して動かないと物足りなく思われることもあります。

さらに近年ではYoutuberの配信やニコ生など無料で”推し”と接することができるようになったので、顔出しやアダルトパフォーマンスのようなキャッチーな要素無しで話術のみで勝負しなければならないノンアダルトで稼ぐのはよほどの技術や多くの常連さんがいないかぎりは難しくなったと言えるかもしれません

 

無茶ぶりされる

会話もそこそこに「脱いで」と迫る“即アダ”と呼ばれるお客様やNGにも関わらず「顔見せて」と無茶ぶりをしてくるお客様など、顔が見えないのをいいことに好き勝手に振る舞う困った人も数は少ないながら存在しています。

上級者は上手にあしらったうえで自分のペースに巻き込むこともできるようですが、始めたばかりの頃はなかなかそうはいかないもの。ズルズルとお客様のペースに巻き込まれてうっかり違反行為……なんてことにならないように注意が必要です。

 

顔を覚えてもらえなくなる

1章では顔出しのメリットとして親しみやすさや故人の強みを活かせることを挙げましたが、顔出しをやめたからと言ってそのメリット自体がなくなるわけではありません。愛嬌と話術で足りない部分は十分にカバーできます。

しかし、顔を覚えてもらえないのは非常に大きなデメリットです。せっかく話が弾んでこちらの事を気に入ってくれたお客様がいたとしても、顔という一番の判別方法無しで待機画面からもう一度見つけてチャットに入ってきてもらうのは困難です。

お礼メールを送っておくことで名前を覚えてもらうなど対策方法はあるので、そこまで深刻に考えることもないですが、可能性の一つとして覚えておくことをおすすめします。

 

細かい気配りが必要

「顔バレ対策のために絶対に顔を映したくない」という信念のもとで顔出しNGで活動をする場合は、落ちたものを拾う瞬間やアダルトチャットで服を脱ぐ瞬間にマスクをひっかけて取ってしまうなどちょっとしたアクシデントで素顔をさらしてしまうこともあるので、配信中の細やかな動作にも気を配る必要があります。

その他にも、顔出しNGの場合は顔の代わりに名前を覚えてもらう必要があるので、お話したお客様にはこまめにお礼メールを送ってアピールすることも大切です

 

総合して、顔出しありの場合よりも細かい気配りを求められるのが顔出しNGの特徴と言えます。

 

顔出しありとなし、向いてるのはどっち?稼ぎに差は出る?

比較する女性

これからチャットレディを始めようと考えている人の中には顔出しありとなしのどちらがいいのか決めかねている人もいるかもしれません。どちらにも一長一短あるので絶対的な正解はありませんが、決断するためのきっかけをつかむのは案外簡単です。ズバリ、自分の特性が活かせるほうを選べばいいのです。

 

顔出しありに向いている人

・話術に自信がある人

・効率よく稼ぎたい人

・人見知りしない人

・笑顔が可愛い・自信がある

・稼ぎたいという意欲がある

 

人と楽しく話すことができる人はアダルト・ノンアダルトのジャンル問わずに自分のスタイルで仕事ができる顔出しありがおすすめです。

顔を覚えてもらいやすいという特性から常連さんをつくりやすく、うまく軌道に乗れば待機の時間なくチャットができるので効率よく稼げるのもオススメポイントです。

 

顔出しなしに向いている人

・心配性な人

・地道にコツコツ頑張れる人

・自分のチャームポイントを理解している人

・メンタルが強い人

・お礼メールをこまめに送れる人

 

顔を出さないことで身バレのリスクをほぼ回避できるのは嬉しいポイント。

IN率が下がることはネックですが、自分のチャームポイントを活かせば顔出しあり以上に稼ぐことも出来るので、顔出しには抵抗があっても他の場所で勝負できるのが最大のメリットです。一方で、始めたばかりの頃は思ったようにお客様が集まらずに落ち込んでしまう方も多いため、お礼メールをこまめに送るなどアピールを欠かさないように

 

ある程度気長にどっしりと構えていられる方に向いている方法とも言えます。

 

顔出しありと顔出しNGで稼ぎに差は出る?

これまで顔出しするか否かでいろいろと語ってきましたが、ぶっちゃけ皆さんが知りたいのはこのことではないでしょうか(笑)。なのでこちらもビシッとお答えすると、顔出しの有無で報酬に差が出ることはないと私は思います

もう少し正確に言うと利用するサイトによっては顔出しの有無やアダルト・ノンアダルトの違いで報酬率が異なったりすることもあるようですが、チャットレディは話した時間によって最終的な報酬額が決定するので報酬率だけに注目したせいで自分に合わない方法を選んでしまい、結果として待機地獄に陥ってしまっては本末転倒です。

それなら報酬率が安くても自分がどちらのほうが向いているかを考えたほうが有益ですし、結果としてよく稼げるようになります

 

無理は続かないもの。皆さんは顔出しありと顔出しNG、どちらのほうが向いているか考えてみてください。

 

まとめ

ここで紹介したのはほんの一例ですし、当てはまる人が確実に成功できるかと言われれば答えはNOです。

チャットレディは女優のようなもので、日常を過ごしていくために必要な仮面を外して全く違う自分になれるのが魅力の仕事です。やっているうちに自分の知らない一面に気付けることもあるのですから、どちらのメリットもデメリットも知ったうえで、迷っているくらいならとりあえず始めてみるのが稼げるチャットレディの第一歩ではないでしょうか

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop