チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディはスクショが当たり前!?行うべき盗撮対策とは

チャットレディはスクショが当たり前!?行うべき盗撮対策とは

チャットレディはお客様の姿が見えないお仕事です。画面越しのため、誰がどこで視聴しているかはもちろん、送られてくるチャットの内容でしか相手の人となりを判断できません。つまり、いつ何をされるか分からないのです。ともすれば、チャットレディの個人情報を用いた悪質ないたずらに発展する恐れも大いにあります。当然、稼げば稼ぐほどです。これって怖くありませんか?

なかでも「盗撮」はチャットレディのお仕事で頻発しています。配信をビデオや写真で撮られ、SNSなどのインターネット上に拡散されるというトラブルに頭を抱えるチャットレディは非常に多くいます。

今回は、悩ましい「盗撮」の実態を紐解き、その対策についてご紹介いたします。チャットレディ視聴者数を安全に増やしてお金を稼ぐ方法として、お役に立てれば幸いです。

 

どのように盗撮されるの?

不審な男性に見られている女性

ライブチャットの盗撮の方法は主に2種類あります。

 

①スクリーンショット

通称「スクショ」と呼ばれています。画面を静止画データとして撮影する方法です。パソコンの場合ボタン一つで撮影できますが、スマホでも特定のボタンを押すだけで簡単に撮れます。もちろんパソコンやスマホの画面を写真で撮る方法もあります。

 

②キャプチャ

動画をデータとして保存する方法です。ライブチャットの配信映像も、視聴機器のキャプチャ機能を使えば簡単に保存ができます。また、必要な画面(顔だけ、胸だけなど)のみを範囲指定し撮影できるのも特徴です。

 

ボタン一つで盗撮できるので、手順としてはどちらも至ってシンプルです。写真はスクショ、動画はキャプチャと覚えておきましょう。

 

なぜ盗撮されるの?

たくさんの人が「なぜ?」と疑問に思うイメージ

そもそも、なぜ盗撮されてしまうのでしょうか?盗撮を行う男性の心理をみていきましょう。

 

配信後の楽しみを作る

撮影した写真や動画を、配信後何度も見返すことを楽しみに盗撮を行います。男性客にとって、好みの女性はずっと観ていたいもの。しかし、ライブチャットは視聴時間が長いほどお金がかかってしまいます。となると、お金をかけず楽しめるに越したことはありません。盗撮はそんな男性客にはもってこいなのです。

また盗撮行為を「個人利用であれば問題がない」とするライブチャットサイトは多く、対策がなされていないライブチャットは、こうした行為の餌食となる可能性が非常に高いです。

 

写真や動画を販売する

アダルト系のライブチャットを盗撮し、ライブ動画売買サイトなどでデータを販売・金銭的利益を得るケースです。お金に困っていたり、チャットレディに対し何らかの恨みや嫌悪を抱いていたりする男性客がこのような行為に至ります。販売によるネットへの流出で、チャットレディに嫌がらせをする行為が多発しているのです。

 

これらは重大な不正行為ですが、それを知っていながら実行に移す男性客も多くいます。実は、こうした盗撮・流出を完全に防止することはできません。ライブチャットサイトや代理店は個人情報保護規約に基づき、チャットレディのプライバシーを守るシステムを整備しています。

しかし、保存機能の改善により盗撮の方法は多様化しています。そのためトラブルが起きるかどうかは、男性客のモラル次第としか言いようがないのです。したがって盗撮を未然に防ごうとするよりも、被害を最小限に抑える対策が重要となります。

 

盗撮対策①露出を避ける

化粧道具と洋服

不要な顔出しを避けるようにしましょう。マスクをする、眼鏡をかける、派手にメイクをするなど、ご自身の素顔が見えない衣装を身につけてください。とくに無料パートではお金がかからないため、盗撮される可能性が非常に高いです。身体を張らずに露出を避けるよう心掛けましょう。

またアダルトチャットの場合、男性の性欲を刺激する演出が増えるため、盗撮のリスクはさらに高くなります。過激な露出が必要な際は顔を隠して行いましょう。もし細かいポーズ指定があれば、顔と体が一緒に映らないように工夫することもお忘れなく。首から下だけを映す・仮面を被り全身を映すといったアングルにしてみましょう。なお、トークが得意で言葉で男性を興奮させることができるなら、顔出しする必要がなくなるため安全です。

加えて、部屋の露出にも気を配りましょう。セットしたカメラの位置に、脱ぎ捨てた衣服はありませんか?ご家族やご友人と一緒に映った写真を立てていませんか?住所や名前が分かるものが置かれていませんか?

盗撮を行う男性客は、こうした細かな部分にもすぐ気が付きます。映ったチャットレディの個人情報を意図的に撮影する男性客もいるので注意が必要です。仮に気付いていなかったとしても、盗撮されたものがインターネットにアップロードされれば取り返しのつかないことになりかねません。

したがって、プライバシーにかかわる物が映らない場所にカメラを移動させるか、物を移動させ一切カメラに映らないようにするなど、事前に整理整頓を行ってください。どうしても移動ができない場合は、布やテープで覆い隠すようにする・目を引くような衣装を着る・時々カメラをオフにして配信するなど、工夫をしてみましょう。

 

盗撮対策②会話のスタイルを変える

赤と青の吹き出し

会話のスタイルを変えることで、盗撮を防止することができます。それは「男性客の名前を連呼する」です。名前を呼ぶことで、男性客の反応を促すのです。

名前を呼ばれた男性客はたいてい、嬉しくて反応したくなりますので、何かしらリアクションを取ってくれるケースが多いです。「○○くんはさ~、休みの日は何しているの?」「○○さん、私のこと好き?」とリアクションを頻繁に取らせることで、盗撮するヒマを作らないよう仕向けることができるのです。

また、これをパーティーチャットで行うと効果が倍増します。他の男性客がいる中で、特定の男性客の名前だけを連呼しましょう。そうすれば盗撮を狙う男性客も、自身の名前が呼ばれていない動画を撮影する気にはならないはずです。男性の独占欲をうまく利用してみましょう。

ただ、それでも盗撮を行う男性客というのはいます。彼らに盗撮をやめさせるなら、逆にこちらが男性客の個人情報を取りに行くのが有効です。

「○○さんは最近どこに遊びに行った?」「私年上の人が好みだけど、○○くんは今何歳くらい?」など、さりげなく居住地や年齢を聞くことで「盗撮がバレたらまずいな……」と思わせるのです。盗撮する気のない男性客だったとしても、普段通りの会話としてお互いに楽しむことができるのでおすすめです。

 

盗撮対策③配信日時をカメラに映す

カレンダーと時計

カメラで映る位置にカレンダーと時計を設置しましょう。これは、盗撮データがインターネットにアップロードされた際に相手を特定する重要な手掛かりとなります。日時が分かれば、どの時間帯に誰がログインしたかを確認し、盗撮した男性客を見極めることができるためです。

もちろんカレンダー機能付きのデジタル時計や腕時計でも構いません。目視で確認できれば問題ありません。インテリアとして違和感のない背景も演出できるので一石二鳥ですね。

 

まとめ

チャットレディの盗撮は、運営側やチャットレディだけでは把握しきれない男性客の行動が引き起こします。スクショやキャプチャの機能性を良いことに、あなたのプライベートがいつ・どこで・どのように流れ出すか分からない。これが盗撮の悩ましい実態です。

目に見えないトラブルを最小限に抑えるためにも、配信前の事前準備を抜かりなく行う必要があります。今回ご紹介した盗撮対策とご自身の注意力を信じ、安全で楽しく稼げるチャットレディ生活をお過ごしください!

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop