チャットレディ求人なら高収入のチャットフロンティア

チャットレディのコラム チャットレディは体験入店から!働く前に知っておくべきポイント!

チャットレディは体験入店から!働く前に知っておくべきポイント!

チャットレディは男性と楽しくチャットをしてお金を稼ぐことができるお仕事です。
しかも直接会って接客するわけではないため体を触られたり、無理やりお酒を飲まされたりすることもなく、とっても安全。
でも、チャットレディが未経験の人は、

「未経験なのにちゃんと稼げるの?」
「本当は危険なんじゃないの?」
「そもそも、わたしってチャットレディに向いてるの?」

いろんな心配や疑問が湧いてきて、お仕事をするかどうかためらってしまいますよね。
そんな女性に不安を払拭するためにもぜひおすすめしたいのが、“体験入店”です!
本登録する前に、一日だけチャットレディとしてお仕事ができるんです。
ネットであれこれ情報を集めるよりも実際に働いてみればお仕事内容もわかりますし、向き不向きにも気付けます。

「なかなか一歩が踏み出せないけど、体験入店ならしてみたい!」
そんな女性のために、今回は体験入店の流れや必要な持ち物、当日の服装などについて紹介していきます。

 

体験入店の流れ(応募~面接まで)

手をつないで公園を散策する若い男女

①代理店に応募する

体験入店をするには、まず応募をしなければなりません。

気になる代理店を見つけたら、電話もしくは、お問い合わせフォームから応募します。 

その後担当スタッフから連絡が入りますので、面接(体験入店)の日時や場所を決めましょう。

 このときに、スタッフの態度が横柄だったり何か違和感を感じたりしたら、必ず辞退してください。

スタッフの対応は安心して働ける会社かどうかの判断基準になります。前進か辞退かを見極める大事なファーストステージです。ここで辞退しても代理店は他にいくらでも存在しているので、次を探せばいいだけです。

 

②面接 

面接に持参するものは、どこの代理店でもほぼ共通しています。

・顔写真付きの身分証明書

→ 運転免許証、パスポート、住基台帳カードなど

*チャットレディは18歳以上の女性が対象(高校生は不可)のお仕事なので、年齢確認と本人確認のために必ず必要です。

・印鑑  

*報酬の受け取りに必要です。

 

面接と言っても堅苦しいものではなく、志望動機や稼ぎたい金額の目標など簡単な質問をされた後にお仕事内容や報酬、その他のルールなどについて説明を受けます。面接の担当者も「お金を稼ぐためにチャットレディを始めたい」という理由は分かっていますので、本音で受け答えしましょう。面接に遅刻したり、不快な態度をとったりしない限り面接で落とされることはほとんどありません。本人が納得して同意すればその場で契約となります。

面接でしっかりとお仕事内容を確認して、疑問点や不安に感じていることはすべてクリアにしておきましょう。せっかく体験入店をするために面接に出向いているわけですからグイグイ食らいつくぐらいの積極性を見せると、スタッフの方もしっかりサポートしてあげたいと思ってくれますよ。

 

面接場所や勤務場所がサイトに掲載されていないのはなぜ?

面接場所はチャットルームが併設されている事務所や近くのカフェで行うことが多いです。

チャットレディの代理店のホームページには面接場所や勤務場所が詳しく掲載されていません。

なぜなら、チャットレディとして働く女性たちのセキュリティ保護を徹底しているからです。男性会員が女性に成りすまして応募してきた場合に所在地が判明してしまうと非常に危険で、ストーカーされる恐れもあります。 チャットレディのお仕事は女性が安心して働けることが強み。働くうえで安全な環境が整備されていることも多くの女性から支持を得ている理由の一つに挙げられています。所在地や個人情報が漏洩してしまうような代理店では女性からの信用がなくなり、誰も働きたいと思わなくなります。そうなるとチャットレディの代理店は稼ぐことができなくなりますよね。つまり、ほとんどの優良なチャットレディの代理店は一般の企業よりも個人情報の漏洩を心配しているため、個人情報が悪用されることはまずありません。ご安心ください。

 

体験入店どんな服を着ていく?

ラックに掛かっているコートを選ぶ女性

体験入店でも働いた分だけしっかり収入を得ることができますから、どうせなら少しでも多く稼ぎたいもの。チャットレディは画面を通して男性とやり取りをするので、まずは見た目のファーストインプレッションが重要です。待機画面で多くの男性の印象に残るような服装で挑みましょう。

 

体験入店に着ていく服装

チャットレディはアダルトかノンアダルトのどちらで働くかを選べます。詳しくは後述しますが、アダルトの場合はカラダのラインがはっきり分かるものや胸元が強調されるセクシーな服装が好まれます。ノンアダルトの場合なら清楚なお嬢様風、顔映りの良いパステル調の服装が男性にウケがいいと思います。男性は、いわゆる女子アナやOLさんのようなコンサバ風な雰囲気が大好き。わかりやすいですよね(笑)まあ、アダルト・ノンアダルトに関わらず、適度に肌が露出していれば間違いなく男性にウケます。スポーティーよりもセクシーな健康美、ジーンズよりもスカートという女性らしい恰好を基本的に多くの男性は好みます。

面接の段階からテキスト通りの服装で現れたらスタッフの方に優等生のレッテルを貼ってもらえるかもしれませんが、これといった服を持っていない方は普段通りの服装でも大丈夫です。ほとんどの代理店では衣装やコスプレの無料レンタルをしているので、あなたのチャットレデイ・キャラクターに合わせて借りられます。その時に「気恥ずかしくて嫌だなぁ」とは決して思わないこと。お仕事だと割り切ることが大事ですし、普段着ないような服装で働けば身バレの防止にもなります。変装はバレずに働く有効手段ですからお仕事のときは普段とは違う自分になって思いっきり楽しみましょう。

ついでにメイクに関して言及すると、少し濃いめのほうがカメラ映りが引き立ちます。ただし、以前と比べてWebカメラの性能が格段にあがっているので明るさも調整できますし、そこまで気にしなくて大丈夫です。

 

体験入店に必要な心構え

1本のバラを体の正面に持って立つ白いシャツの女性

カメラ越しとはいえ、チャットレディは接客業だということを決して忘れてはいけません。サイトに出演して収入を得る以上、働いているという自覚を持ってお客様である男性会員と接しなければなりません。カメラ越しだから大丈夫だろうと甘く考え手を抜いて接しているとサイトの評判を落としかねませんし、クレームに発展して大きなトラブルに巻き込まれるようなことも起こらないとは断言できません。そのような女性は男性を喜ばせる対価として報酬を得ているという意識がないため接客のプロフェッショナルには到底なれません。つまり、チャットレディとして成功することはない、ということです。

そもそも男性はどうしてお金を払ってまで女性とチャットをしたいのか、その点についてしっかりと理解しておかなければなりません。
単に性的欲求を満たしたいなら風俗に通えば済みます。もちろんほとんどの男性会員はチャットレディにもアダルト要素を求めますが、基本的におしゃべり好きな男性が多く、純粋に女性と会話を楽しみたいという気持ちのほうが勝っています。「誰かに話を聞いてほしい」「やさしい言葉をかけてほしい」「自慢したい」など目的はそれぞれ違いますが、チャットレディと会話を楽しむことで心が癒されて心身ともにリラックスできるから男性は会員登録をしてサイトを利用しているのです。

そのように楽しみにしている時間をプロ意識のない女性に無下に扱われたら誰でも気分を害します。

男性はお金を支払い、あなたは報酬を得ます。その時間を双方が有意義なものにするように環境を整えるのが接客する側の役目です。クラブのママさんや小料理屋の女将さんなどを見てください。見事に心得て接していらっしゃいますよね。接客のプロフェッショナルとして輝いていらっしゃいます。

体験入店は練習ではなく本番です。「収入を得る = お仕事」だという意識をしっかりと持って挑んでください。

なかなか難しいかもしれませんが「相手を楽しませて自分も楽しむ」という思いで取り組みましょう。

 

いよいよ体験入店!記念すべきチャットレディ1st Day

カフェでノートパソコンで仕事をする女性

さあ、いよいよ体験入店です!

実際にどのような流れで体験入店するのか説明していきます。

 

①面接を受けて納得したら契約を結ぶ

「働きたい」と思ったら契約を結びます。逆に「合わないな」と思えば無理に働かないことです。その場合はお断りしましょう。

 

②アダルトかノンアダルトを決める

要するに希望するコースの選択です。向き不向きはありますが、高額報酬を希望するならアダルトがおすすめです。男性会員の無茶振りな要求になんでも応えないといけないわけではなく、自分ができる範囲のパフォーマンスをすれば大丈夫です。

 

③ニックネームを決める

安全に仕事を進めるうえでハンドルネームは必要不可欠。自分が好きな名前で構いませんが男性会員の記憶に残る印象的な名前選びがポイントです。間違えても普段呼ばれているニックネームをそのまま付けることはしないでください。スタッフのアドバイスも参考にしましょう。

 

④衣装を選ぶ

水着や浴衣のように季節感があり男性が喜びそうな服装を意識するのは当然ですが、チャットレディとして人気が出るような衣装選びができるかどうかは収入をも左右しかねない重要なポイントなので侮らず真剣に選びましょう。代理店で無料レンタルできますが、もちろん自前の服でも構いません。

 

⑤チャットルームへ移動する

いよいよチャットルームへ移動します。完全個室ですので、あなたのチャットレディー色に染まるようなお部屋づくりを演出しましょう。

 

⑥プロフィールの作成

「この子と話してみたい!」と男性会員が思うように、あなたが演じるチャットレディのキャラクターに合わせて年齢、誕生日、趣味や職業などを設定し、会話が自然に盛り上がるように作成します。サイト上に掲載するプロフィール写真の撮影も重要です。顔出しNGの人は口元や目元だけ、足元や胸元をセクシーに撮影した写真を掲載するなど、強みと感じている武器を前面に押し出しましょう。スタッフのアドバイスをしっかり聞いて素敵な写真で男性会員を魅了してください。

 

⑦お仕事スタート

スタッフにパソコンの操作や手順を説明してもらいます。初心者でもすぐに覚えられる簡単な操作なので心配いりません。お仕事の流れもレクチャーしてもらったら、いよいよチャットレディとしてデビューです!

最初は緊張でおろおろするかもしれませんが、素人っぽさは大きな武器になるので大丈夫。「今日が初めてなんです」と初々しい姿勢で話を始めれば、ほとんどの男性が「頼られている → リードしてあげなくちゃ」と思い、男性本能に火がつきます。その時点であなたがすっかりリードしてるわけですがそんなことはおくびにも出さず、しっかり甘えて可愛がってもらいましょう。いろいろと優しく教えてくれますよ。

 

 ⑧お仕事終了

お仕事が終了したらパソコンをシャットダウンしてチャットルームをきれいに片付けます。そのあとに事務所に行って稼働時間分の報酬を受け取ります。 

 

実際にお仕事を経験して続けられそうならそのまま本登録しましょう。疑問や気になる点があればこの時にしっかり確認しておきましょう。もし向いていないと感じたら登録しなくても問題ありません。あなたは天性のチャットレディ?それとも……。

 一日お疲れ様でした!

 

体験入店の注意点

手にギフトボックスをのせて驚くピンクのドレスを着た女性

そもそも体験入店をしようという人は、不安を感じている女性ではないでしょうか。

不安と一言で言っても、それぞれ抱えているものは違うはず。そこで、この章では先輩チャットレディから体験入店前に気になっていたことや知っておきたかったことをヒアリングしてまとめましたので、入店を控えている方は参考にしてみてくださいね。 

 

①体験入店は時間に余裕があるときに

代理店にもよりますが、面接を含めて3時間以上かかると思っていたほうが良いでしょうね。ですから、時間に余裕がある日程をうまく調整しましょう。大体どこの代理店も女性が希望する時間帯に合わせて対応してくれます。 

 

 ②必ず稼げるわけではない

体験入店する前から誤解を与えてしまいそうですが、チャットレディの収入が発生する仕組みをきちんと理解しておかないと「お給料が少ない」と代理店に誤ってクレームをつけてしまいかねません。

チャットレディはコツを掴めば稼げるお仕事ですが、月に50万円以上を稼ごうと思えばそれなりの努力が求められます。何もせずにパソコンの前に座っているだけでお給料をもらえるなら、誰かれ構わずチャットレディに応募しますよね。

チャットレディのお給料は完全歩合制です。男性会員に指名されてチャットをしている時間はお給料が発生しますが、指名されるのを待っている時間(待機時間)は無給です。

ですので、体験入店で3時間働いても結局1時間程度しか男性とチャットできなかったら期待していたような高額収入を得ることはできません。

その点は十分理解しておいてください。

ちなみに待機中も男性会員にはあなたの姿は見られています。なので、待機中にスマホをいじったり、あくびをしたり、寝転びながらお菓子を食べたりするのはNGです。「この子と話してみたい」と思われるように、笑顔で手を振ったり身だしなみを整えたりしながら好印象を与えるパーフェクトな待機スタイルを心掛けましょう。

 

 ③ゴールデンタイムの稼働がおすすめ

そうは言ってもせっかく働く以上は少しでも多く稼ぎたいですよね。

チャットレディのお仕事には稼げる時間帯が存在します。いわゆるゴールデンタイムと言われる21時~午前2時を指します。この時間帯のチャット接続率は、なんと80%以上です!

もちろん平日や土日の昼間でも問題ありませんが、仮に3時間勤務するとしても男性会員の利用人数が多ければ稼ぎやすくなるため、ゴールデンタイムを狙って体験入店するのがおすすめです。この時間帯の体験入店者はお仕事状況を把握しやすいからかすぐに慣れて、いきなりテクニックを身に着けるような強者もいます。人によっては3時間働けば1万円以上は稼げると思います。会社帰りのOLさんにはもってこいですね。

 

 ④向いていないと感じたらハッキリと断る

実際に働いてみて「想像と違った」「向いていない」と感じたら、その場でハッキリと断りましょう。

体験入店なのでスタッフに引け目を感じることもありません。

優良な代理店なら無理やり引き留めて本登録をさせようと迫ってくることはありません。反対にそんなことをする代理店は危険ですから働かないほうが安全です。

 

 ⑤大手代理店を選ぶ

チャットレディの代理店の中には先述したような本人が望んでいないことを無理強いしてくる悪徳業者も存在します。そのような代理店を間違って選んでしまわないためにも、個人経営ではなく法人経営の大手代理店を選ぶことが大切です。

優良な代理店と悪徳業者をどのように見分けていいか分からないと思いますが、最もわかりやすい判断材料として全国や拠点地域に支店があること、公式ホームページが作られていることの2点が挙げられます。代理店も一企業であり信用があってこそ経営が成り立っているわけですから、これらは企業として信頼に値する証にもなります。

 

まとめ

チャットレディに興味があれば、まずは体験入店がおすすめです。そうは言っても、お仕事の流れが分からないとやっぱり応募をためらいますよね。今回は多くの女性が最も不安に感じるであろうチャットレディの応募から体験入店までを詳しく紹介しました。皆さんの不安や疑問が少し解消されたのではないでしょうか。代理店によってルールに違いがありますので、あくまでも参考程度に留めておいてくださいね。

何ごとも経験しないことには始まりません。「想像と違う」「向いていない」と感じたら本登録しなくてもいいのですから、応募の段階であれこれ悩まずリラックスして一歩を踏み出すことが大切です。お仕事として継続するしないに関わらず、体験入店の経験はこの先の人生にもきっと大きく活かされるはずです。

応募に悩んでいる女性が一人でも多く「体験入店をしてみたい」という前向きな気持ちになってくれたら幸いです。 

チャットレディのご紹介はこちら

チャットレディが働くお部屋

各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!各地域、”駅チカ”で10部屋ほどご用意!部屋数が多いのでシフトが入れないとかありません!

在宅チャットレディーご自宅でお気軽にお仕事してみませんか?ー

PageTop